エンデヴァーの過去、長男・轟燈矢は死んだ?【僕のヒーローアカデミア】

今回は僕のヒーローアカデミアの現No.1ヒーローエンデヴァーの過去に何があってのか。

長男・轟燈矢はなぜ死んでしまったのかということをまとめていきたいと思います。

 
スポンサーリンク
 

エンデヴァーの過去は壮絶な物?簡単にまとめていきます【僕のヒーローアカデミア】

ここからはエンデヴァーの過去に何があったのかまとめていきたいと思います。

 

エンデヴァーは雄英高校出身のプロヒーローです。

エンデヴァーは雄英を卒業した時点で即プロとして通用する力を持っていたそうです。

その後破竹の勢いで登りつめNo.2の座につきます。

しかし、No.2までは上り詰めることができたものの、No.1であるオールマイトとの圧倒的な差をまのあたりにします。

 

それでもあきらめずにオールマイトを本気で越えようと奮闘するエンデヴァーでしたがある時超えられないと察してしまいます。

ちなみに貪欲な姿勢があまり好まれなかったりするエンデヴァーですが犯罪解決数は史上No.1だそうです。

”ヒーローとしては”素晴らしい働きをしているということですね。

 

オールマイトを自分では超えられないと悟るとエンデヴァーはその野望を自分の子供に果たさせようとします。

そのために妻である冷の家庭を金で丸め込み”個性婚”という形で冷と結婚します。

 

最高傑作」と称する末っ子の轟焦凍は他の兄姉とは別の生活を強いられます。

幼少期から厳しく育てられオールマイトを超えるヒーローにすべく育ててきました。

 

その兄姉の中で死んだとされている人物がいます。

次の部分ではその人物がなぜ死んだのかお話ししていこうと思います。

 
スポンサーリンク
 

エンデヴァーの過去、長男・轟燈矢は死んだ?【僕のヒーローアカデミア】

エンデヴァーの子供の長男の轟燈矢はすでに死んだとされています。

先ほどエンデヴァーの過去でもお話しした通りエンデヴァーは轟焦凍以外の兄姉を失敗作としてあまり関わってきませんでした。

 

作中で長男の轟燈矢がなぜ死んだのかということは明かされていないのですがエンデヴァーは「自分が殺したようなものだ」という発言をしたのでエンデヴァーが絡んでいたことは間違いないでしょう。

 
スポンサーリンク
 

「エンデヴァーの過去、長男・轟燈矢は死んだ?【僕のヒーローアカデミア】」まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は僕のヒーローアカデミアのNo.1ヒーロー・エンデヴァーの過去そして轟家の長男・轟燈矢は死んだのかということについてまとめていきました。

 

詳しいことが明かされていない長男・轟燈矢の死ですが今後明かされてくると思います。

凄まじい展開が待っていると思うので楽しみにしておきましょう。

 
スポンサーリンク
 

僕のヒーローアカデミアを無料で読む!お得に読む方法とは?

あらすじが分かってネタバレを読むのもいいけどやっぱり絵が欲しいと感じる方も多いと思います。

ストーリーを絵で楽しむのは漫画の醍醐味ですからね。

ただで読めるところはないのでしょうか?

 

そんなウマイ話が実はあるんです。

それが

「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば読みたかった漫画の最新刊を無料で読むことができます。

 

無料トライアルに登録後すぐに600ポイントがもらえるため、漫画であろうとアニメであろうと自由に使うことができます。

ぜひ【U-NEXT】をチェックしてみてください!

 

U-NEXTで漫画を無料で読みたい方はこちら

 

【今なら30日間無料トライアル&600円分のポイントGETできます】

30日間無料トライアル期間中に解約してもお金はかかりません。

 

関連記事

・エンデヴァー ガチ勢 「ファンサとかせん」ホークスも?!【僕のヒーローアカデミア】

・エンデヴァー 声優は?アニメでの活躍は?【僕のヒーローアカデミア】

・エンデヴァーの個性は? 必殺技にはどんなものがある?【僕のヒーローアカデミア】

・エンデヴァー 本名、身長、誕生日、年齢などプロフィールを大公開【僕のヒーローアカデミア】

・エンデヴァーとホークス!ハイエンドとの激戦の結末とは!?【僕のヒーローアカデミア】

 

集英社

週刊少年ジャンプ

ヒロアカ

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    このサイトは各省庁などの専門機関などの情報をもとに多くの記事を作成しています。 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/index.html そしてエンタメ関係の記事に関しても自分自身の目で見たものや作者の方の話などから情報を得て記事を作成しています。