ヒロアカ 相澤消太の過去に迫る 白雲朧との衝撃的な過去

今回はヒロアカの相澤消太の過去について迫っていきたいと思います。

 

普段は感情を表に出さずに過去に関しても多くを語られていない相澤消太。

最近になって壮絶な過去があったことが判明しました。

 

相澤消太の過去をご紹介するにあたってまずは相澤消太の学校での振る舞いを紹介していこうと思います。

 
スポンサーリンク
 

【ヒロアカ】相澤消太の生徒に対する厳しい指導

相澤消太は新入生であろうと容赦なく厳しい教育をします。

厳しい表情でよく生徒を叱りつけるシーンをよく目にします。

 

生徒への態度だけでなく数字の上でも相澤消太の厳しさが分かります。

それは通算除籍数の数です。

 

この除籍というのは見込みがない生徒に対して退学処分にするというものです。

この通算除籍数は緑谷たちA組が入学した時点で154回も除籍処分をしていました。

 

ちなみに緑谷たちの一つ上の2年生は一クラス丸ごと除籍処分になってしまったそうです。

この情報が明かされたとき先輩はいるのだろうか?と思った方も多いと思います。

このことに関しては後ほど紹介していきたいと思います。

 
スポンサーリンク
 

【ヒロアカ】相澤消太の過去とは?

ここからは相澤消太の過去を紹介していきたいと思います。

 

まずは学生時代のお話をしていきたいと思います。

相澤消太は実は雄英の卒業生だったんですね。

相澤消太が学生時代仲の良かった友達が現在ともに雄英で教師をしているプレゼントマイクこと”山田ひざし”そして”白雲朧”という人物です。

 

プレゼントマイクは学生時代から変わらずテンションの高い人物で白雲朧は相澤とは対照的に明るく前向きな性格の持ち主でした。

 

相澤消太はそんな大衆を引っ張っていける存在になるであろう白雲にあこがれを抱いていました。

そんな中の良い3人は将来チームを組もうと言い合うほどの仲でした。

 

そんな中白雲に突然の死が訪れてしまいます

同じインターン先で活動していた相澤消太と白雲朧でしたが、ヴィランとの戦闘中に建物が倒壊し近くにいた市民に落ちそうになります。

そんな市民をかばった白雲は瓦礫の下敷きになってしまいます。

 

助け出そうとする相澤に対し、背中を押す発言をする白雲。

相澤はみごとヴィランを倒すことができました。

しかしその後戻ってみると白雲は帰らぬ人となっていました。

 

そして雄英高校に赴任後。

相澤消太は白雲と同じ運命を辿る生徒を減らすため合理的な指導をするようになります。

先ほどの除籍処分の話ですが実は裏がありました。

 

それは除籍と復権の権限です。

「自己犠牲と命を捨てることは同義じゃない。はき違えた若者に望み通り一度”死”を与えます。」

「その上で更なる向上に努めさせる。自由な校風が雄英の売りなのさ….。」

 

相澤消太の除籍処分は本当に生徒たちのためを思った指導だったんですね。

先ほどの1クラス丸々除籍処分にした話ですがその後しっかりと学校生活を送っている様子が描かれています。

この指導に感謝している描写もありました。

 
スポンサーリンク
 

「ヒロアカ相澤消太の過去に迫る 白雲朧との衝撃的な過去」まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はヒロアカに登場するイレイザーヘッドこと相澤消太の過去についてまとめていきました。

学生時代に大切な友人をなくすというのはとても悲しいことですよね。

それをバネにして新しい人材を育成しようと考えるのですからとても素晴らしい人物だと思います。

 

まだまだ相澤消太の過去についてヒロアカ本編で明かされると思うので期待していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

U-NEXTで漫画を無料で読みたい方はこちら

【今なら30日間無料トライアル&600円分のポイントGETできます】

30日間無料トライアル期間中に解約してもお金はかかりません。

集英社

週刊少年ジャンプ

ヒロアカ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    このサイトは各省庁などの専門機関などの情報をもとに多くの記事を作成しています。 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/index.html そしてエンタメ関係の記事に関しても自分自身の目で見たものや作者の方の話などから情報を得て記事を作成しています。