「君の膵臓を食べたい」アニメのあらすじは?

今回は再放送された映画「君の膵臓を食べたい」のアニメのあらすじをご紹介していきたいと思います。

 

君の膵臓を食べたいのあらすじをご紹介していきます。

 

「君の膵臓をたべたい」……主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。それは「僕」のクラスメイトである山内桜良(やまうち さくら)が綴っていた秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。

「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分には欠けている部分にそれぞれ憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は、恋人や友人を必要としない「僕」が、初めて関わり合いを持ちたい人に自分を選んでくれたことにより「初めて私自身として必要とされている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

しかし、余命を全うすることなく、4週間の入院治療から解放されたその日に桜良は通り魔に刺されて亡くなってしまう。

というものですとても興味を惹かれる作品だと思います。

この後の展開はどうなっていくのでしょうか?

 

「君の膵臓を食べたい」アニメ、SNSの声!

君の膵臓を食べたいをみたネットの人たちの反応を見ていきましょう。

=========

号泣しました( ;∀;)何回見ても泣ける…この小説で読書感想文を書いて、小説が好きになって、僕の原点です。あの日この本を選んで良かったです。 ~膵臓たべたい#君の膵臓をたべたい #住野よる先生へ届け

=========

膵臓たべたい (双葉文庫)/住野 よる】読まず嫌いだったが読んで完全に涙腺崩壊 煮え切らない素直じゃない彼に自分を投影し ピュアな彼女の晩年となったエピソードに心が洗われた。

=========

膵臓たべたい感想は土砂降りの後の晴れ まとめると本当に澄んだ素晴らしい作品!!

 

「君の膵臓を食べたい」アニメのあらすじは?まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は君の膵臓を食べたいのアニメのあらすじをと感想をまとめていきました。

とても気になってしまう作品でしたね。

実写化もされているということで合わせてみてみるのも良いかもしれませんね。

 

このサイトから君の膵臓を食べたいのアニメと実写が見られるようです。

時間がある時にみてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です