ジダンの頭突き事件をマテラッティが真実を告白

今回は2006年のドイツワールドカップで話題となったジダンの頭突き事件をマテラッティが告白したことに関してまとめていきます。

 

元フランス代表ジダンの頭突き事件は当時大きな話題となりました。

 

2006年ドイツワールドカップのフランスVSイタリアの試合。

1-1の同点で迎えた110分にジダンがマテラッティを突如頭突きするという事件が起きました。

 

PK戦でイタリアが勝利したこともあり現役最後の試合となったジダンにとっては残念な幕引きとなってしまいました。

この時実際には本人たちの間で何があったのかマテラッティの口から真実が語られました。

ジダンの頭突き事件をマテラッティが真実を告白

マテラッティ曰く

「俺たちはペアルティ―エリア内でぶつかり合っていたあいつが試合の前半にゴールを決めたこともあり監督から厳しくマークにつくように指示があった」

ということです。

その際にジダンに激しくぶつかってしまったそうでその際にマテラッティは誤ったそうです。

しかしジダンは不服な顔をしていて3回目にぶつかった際に

「ユニフォームならあとであげるよ」

といわれたそうです。

それに対してマテラッティが

「ユニフォームよりもお前の姉ちゃんが欲しいな」

と返したらあのような事件になってしまったそうです。

 

ということでこのジダンの頭突き事件は言い争いの末に起こった事件だそうです。

ジダンの頭突き事件をマテラッティが真実を告白まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はあのジダンの頭突き事件の真実ををマテラッティが告白したということについてまとめていきましたが、最高峰の舞台ということでお互いに高ぶっていたのでしょうね。

当事者の口から語られた真実ということでとても貴重なものとなりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

このサイトは各省庁などの専門機関などの情報をもとに多くの記事を作成しています。 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/index.html そしてエンタメ関係の記事に関しても自分自身の目で見たものや作者の方の話などから情報を得て記事を作成しています。