ごくせん新作の主役、主演のキャストは?

今回は特別編の放送で話題となった「ごくせん」の新作が放送される可能性があり、主役、主演をつとめるキャストは誰になるのかまとめていきたいと思います。

今のところは二人候補が上がっているのでその二人についてまとめていきます。

 
スポンサーリンク
 

ごくせん新作の主役、主演のキャストは?

 新シリーズとして復活するとなれば注目を集めるのは必至。だが、仲間は年齢的に主人公の熱血教師「ヤンクミ」役を演じるのが難しくなっており、イメージが固定されるのを嫌って続編モノには乗り気でないともいわれている。

その中でも、最有力といわれているのが乃木坂46白石麻衣。14日付の「日刊ゲンダイDIGITAL」は、生徒役にKing&Prince平野紫耀が選ばれそうだと指摘し、平野とのバランスや兼ね合いなどを考えると白石がもっとも適任だと分析している。

だが、25日付のウェブメディア「まいじつ」(日本ジャーナル出版)はそれを否定。主人子の「ヤンクミ」は極道一家の“お嬢”という裏のを持ち、ドスの効いたセリフでバシッと決める場面がある。清楚キャラの白石が「センコウ馬鹿にすんのも上等、喧嘩すんのも上等」などと啖呵を切るのは考えづらいというのだ。

代わって同メディアは、女優橋本環奈なら「ハマリ役」になると指摘。ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のヒロインとしてヤンキー役を演じた経験もあり、『ごくせん』リメイク版にもぴったりだとしている。

エンタメMEGA

ということで可能性が高いの橋本環奈さんだそうです。

別の記事などでも橋本環奈さんが有力なのでは?ということを述べている記事が多かったです。

 
スポンサーリンク
 

ごくせん新作の主演・主役候補の二人の女優について

白石麻衣

View this post on Instagram

#白石麻衣 #まいやん #乃木坂46

A post shared by 白石麻衣/乃木坂46 (@maishiraishi_fan) on

生年月日:1992年8月20日

血液型:A型

星座:しし座

身長:162cm

乃木坂46の絶対的エースとして君臨していた白石麻衣さん。

卒業後の仕事に関しても安泰といわれていました。

もし、ごくせんの新作の主演をするとなればまた大きな話題を生むのではないかと思われます。

白石麻衣

ごくせん1話~全話のフル動画はPandoraやDailymotionで完全廃止?

【ドラゴン桜2】が延期、放送日は?

橋本環奈

1999年生まれ。
2013年、「千年に一人」、「天使すぎる」とネットで大きな話題となった。
「ロート製薬」、「住宅情報館」など数多くの各種大手企業のCMに出演する他、TV・バラエティ番組などで幅広く活躍中。2015年に「第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞」を最年少で受賞し注目を集めた。
2014年よりマネジメントを行い、2016年に株式会社ディスカバリー・ネクストに正式所属。以降、本人にまつわる全ての窓口を一貫して担う。
2016年3月公開の角川映画40周年記念作品「セーラー服と機関銃 -卒業-」では初主演を務め本格的に女優としても活躍。同作にて、第40回日本アカデミー賞「新人俳優賞」受賞。映画主題歌でもある「セーラー服と機関銃」でソロデビュー。
2017年3月4日全国公開映画「ハルチカ」では主演を務めるほか、原作の単行本発行部数累計5000万部を超える人気漫画の実写版映画「銀魂」(2017年公開)、同じく「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中漫画「斉木楠雄のΨ難」実写版映画が公開。
2019年は、4月公開映画「キングダム」につづき、9月には映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』、12月には映画「午前0時、キスしに来てよ」が公開を控える。

橋本環奈

 
スポンサーリンク
 

ごくせん新作の主役、主演のキャストは?ネットの反応は?

 

==========

==========

==========

==========

 
スポンサーリンク
 

「ごくせん新作の主役、主演のキャストは?」まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はごくせんの新作の主役を務めるのは誰なのかまとめていきました。

ごくせん1話~全話のフル動画はPandoraやDailymotionで完全廃止?

【ドラゴン桜2】が延期、放送日は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

このサイトは各省庁などの専門機関などの情報をもとに多くの記事を作成しています。 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/index.html そしてエンタメ関係の記事に関しても自分自身の目で見たものや作者の方の話などから情報を得て記事を作成しています。