ファットガムの事務所 サイドキックは?【僕のヒーローアカデミア】

今回は僕のヒーローアカデミアに登場するプロヒーローファットガムの事務所はどこにあるのか?そして事務所で働くサイドキックについてまとめていきたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

ファットガムの事務所はどこにあるのか?

BMIヒーロー・ファットガムのヒーロー事務所はおそらく大阪府にあります。

 

僕のヒーローアカデミアでは関西地方にある江州羽市というところでパトロールをしていました。

 

おそらく風景的に大阪府だと思われます。

 

僕のヒーローアカデミア出てくる都市の名前はおそらく架空?(本当にあるところだったらごめんなさい)の場所です。

 

しかし、都道府県に関しては現実の我々のいる日本と一致しているので大阪とみて間違いないと思います。

ファットガムが事務所を構える地域では近頃チンピラやチーマーの間でのいざこざが多かったそうです。

 

なので切島が来た時には腕っぷしのあるヒーローが欲しかったといっていました。

 
スポンサーリンク
 

ファットガムの事務所のサイドキックは?【僕のヒーローアカデミア】

ではそんなファットガムのヒーロー事務所にいるサイドキックはどのような人たちがいるのでしょうか?

 

実はファットガムの事務所に正式に所属しているサイドキックは僕のヒーローアカデミア本編には登場していないんですね。

 

なのであくまでもインターンでファットガム事務所を訪れている雄英高校の生徒二人を紹介していきたいと思います。

 

まずは天喰環です。

 

ヒーロー名は”サンイーター”です。

 

この名前は親友のミリオに由来するものでミリオに自分のことを太陽だというのならば天喰はそれ以上の存在だといわれたことが由来しています。

 

個性は”再現”で口にしたものを体の部位に再現できるという個性です。

 

ファットガムの事務所にいる間はタコ焼きを食べる機会が多かったのでタコの扱いが得意になったそうです。

 

次に切島鋭次郎です。

 

ヒーロー名は”レッドライオット”です。

 

先輩である天喰に頼み込んでファットガムのヒーロー事務所を紹介してもらったとのこと。

 

個性は”硬化”で文字通り固くなります。

八斎會に乗り込んだ際は過去の情けない自分を思い出しそれを払しょくするため、ボロボロになりながらも相手の前に飛び込んでいきました。

 

その結果ファットガムが相手を倒すことに成功し、味方だけでなく相手にも認められるような活躍をして見せました。

 
スポンサーリンク
 

「ファットガムの事務所 サイドキックは?【僕のヒーローアカデミア】」まとめ

いかがでしょうか?今回は僕のヒーローアカデミアに登場するプロヒーローファットガムのヒーロー事務所と事務所のサイドキックについてまとめていきました。

 

天喰環は卒業後ファットガムの事務所にサイドキック入りすることが決まっているそうです。

今後の活躍に期待していきましょう。

 
スポンサーリンク
 

僕のヒーローアカデミアを無料で読む方法とは?

僕のヒーローアカデミアを無料で読む方法なんて中々ないんですね。

ほぼ有料のものばかりです。

しかしU-NEXTであれば僕のヒーローアカデミアを無料で読むことができます。

今なら600円分のポイントももらえるので1巻分無料で読むことができます。

 

僕のヒーローアカデミアを無料で読むにはこちら「U-NEXTをクリック

 

関連記事

・ファットガム痩せる?コミットした姿とは? 【僕のヒーローアカデミア】

・ファットガム 素顔はイケメン?! かっこいい姿を公開【僕のヒーローアカデミア】

・ファットガム アニメでの活躍は? 声優は誰? 【僕のヒーローアカデミア】

・ファットガム かっこいい!可愛い?活躍をまとめてみました【僕のヒーローアカデミア】

・ファットガム 本名 身長 年齢 誕生日は?プロフィールを大公開【僕のヒーローアカデミア】

・ファットガム ヒロアカ 切島に授けたものとは如何に?!【僕のヒーローアカデミア】

 

集英社

週刊少年ジャンプ

ヒロアカ

 

4 件のコメント

  • ファットガム アニメでの活躍は? 声優は誰? 【僕のヒーローアカデミア】 – るーくんのコミックブログ より:

    […] ・ファットガムの事務所 サイドキックは?【僕のヒーローアカデミア】 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    このサイトは各省庁などの専門機関などの情報をもとに多くの記事を作成しています。 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/index.html そしてエンタメ関係の記事に関しても自分自身の目で見たものや作者の方の話などから情報を得て記事を作成しています。